ああ、この街に住みたいな。

家づくり日記

こんにちは、心配しすぎるセルオ🐦です。
この記事は日記です。最初から読む場合はこちら

前回のつづきです。

セルコ🐤の望みを叶えるため
スイーツ野郎🐦の長い1日が始まった。

香里園の駅を出発して・・・

時刻はもうすぐ11時🕚
京阪電車、香里園の駅を電車が出発した。

「次は〜枚方市駅、枚方市駅でございます」👮🏻‍♂️

クン‼️

ひとつ大きな鼓動を感じた。

次だ・・・

ようやく到着だ。

地元の駅を出発して、1時間が経過している。
車窓から見える穏やかな景色を眺めながら
なお、セルオ🐦の心は荒れていた

買い付けは入ってないだろうか?
そればかりに思考を支配され・・
気がおかしくなりそうだった。

ああ・・ 心配だ。

・・・。

・・・。

突然、携帯電話が震える。
メールだ。

クン‼️

ああ・・ まさか・・・
買い付けが入ったのだろうか?
他の誰かに奪われてしまったのか?

震える手でスマホを操作する。
セルコ🐤だった。

冷静なセルコ
冷静なセルコ

あんまり、悩みなや!
体壊してもしらんでー

ふぅ・・・ 違った。

🐦・・・。

セルコ🐤の言う通りだな。

もうやめよう。

これ以上の心配は無意味だ。

ちょっと落ち着こう。
これから何千万の買い付けをするのだ。
ミスをすれば命取りになりかねない。

心配なセルオ
心配なセルオ

ありがとう。
セルコも気をつけてねー
スウェーデンによろしく。

ひらかたパークが見える。

窓の外に目をやると、ひらかたパークが見えた。

二年前の夏🌞を思い出す。

大きいプール、初めてやねん🐤

え?そうなん🐦

あれなに?🐤

ウォータースライダーやで!🐦

へー🐤

乗ってみるか?🐦

ウォータースライダーは別料金だ。
このあたりはケチくさい。
いかにも、ひらパーだ。

お金を払って階段を登る。
係員さんの指示にしたがって
一人づつ滑り降りていく。

わほー🐤💨

うほーい🐦💨

生まれて初めての
ウォータースライダー。
とっても楽しそうだった。

二人乗りのもあるよ🐦

ほんまや🐤

一緒に乗ろかー🐦

いくぞー 🐤💨 🐦💨

係員さんの指示にしたがって
二人用の浮き輪に乗り込んでいく。
体重が重いセルオ🐦が後ろだ。

「じゃあ、いきますよー」🤹‍♂️

係員さんの号令で!
スタート 🐤💨 🐦💨

二人を乗せた浮き輪が
細いチューブを下って行く。
思っていたより速度がでる。

これ大丈夫?🐤

いけるいける🐦

ほんとかな?🐤

内心ビビっていた。

一人用とは段違いの速度だ。

合計110kgを超える浮き輪。
どんどん速度はあがっていく。

🐤・・・。

🐦・・・

右へ左へ曲がるたび
水が跳ね返って顔にかかる。
尋常じゃない量だ。

呼吸ができない🐤

しゃべると危ないよ🐦

一つ気になることがあった。

セルコ🐤は泳げないのだ。

この速度のまま、着水して・・
大丈夫なんだろうか?

🐦・・・。

かわいそうに・・・
浮き輪から投げ出されたセルコ🐤は
鼻から口からたらふく水を飲んだ。

そして、疲れ果てて家に帰って寝て
次の日、溶連菌に冒された。
(喉の病気です、やばいです)

死んでしまうー


連日、39度ちかく熱が出て
喉が腫れ上がり、何も食べられない。
泣きながら耳鼻科に通っていた。

元気が取り柄のセルコ🐤には
相当こたえたようで・・・

冷静なセルコ
冷静なセルコ

もう2度とプールなんか
いかへん!

と、言っていた。
あれから二年、一度もプールには行ってない。
あいかわらず、セルコ🐤はかなづちだ。

もし、子供👼🏻が生まれて・・
連れて言って欲しいって言われたら
どうするんだろう?

冷静なセルコ
冷静なセルコ

お母さんはいいから
お父さんと行ってきなさい

とか、言うのかな?

心配なセルオ
心配なセルオ

だめだめ
家族みんなで行くよ。

と、返してやろう。

そうしよう。

・・・。

ああ、この街に住みたいな。

きっと、幸せな日々が待ってる。
未来のことを想像していると
随分、気分も和らいできた。

きっと買い付けは上手くいく。
そんな気がした。

アナウンスが聞こえてくる・・・
「まもなく枚方市駅でございます」👮🏻‍♂️

よし! 到着だ😎

時刻は11時🕚

枚方市駅に降り立った。

今日は長い1日になりそうだ。

次回へつづく。

応援よろしくです!🙇🏻‍
ああ・・・ 心配だ

タイトルとURLをコピーしました