賃貸ではなく購入を決めた、たった一つの理由

家づくり日記

セルコからお菓子の差し入れがありました。
バリバリに砕いた雪の宿です。
子供の頃から好きなんですよねコレ

こんにちは、心配しすぎるセルオ🐦です。
この記事は日記です。最初から読む場合はこちら

前回の記事の続きです。

土地も見つからず
子供も出来ないまま
2年の月日が流れました。

そして、セルコ家に転機が訪れます。

きっかけはテレビ番組

年末に家でテレビを見ていました。

特に番組を見ていたわけでもなく

暇だったので・・・

ぼーっと見ていると

「老人の孤独死」の特集が始まりました。

孤独死?

人ごとじゃない気がする

もし・・・

このまま、子供ができなかったら

セルコ🐤は孤独死する・・・?

そんな心配が頭に浮かんできました。

セルオは体が強くありません

きっとセルコより先に逝くことになる

ああ・・ 心配だ



勝手な妄想を膨らませながら

テレビを見ていると・・・

あるお婆さんが登場しました。

テレビのおばあさん

長年連れ添った夫に先立たれ

一人で住むには広すぎるマンションから

引越しを考えているようでした。


しかし・・・

住むところが全然見つからない

というのです。


なぜでしょうか?🤔


原因は孤独死です。


孤独死は亡くなってから

発見されるまで時間がかかるそうです。

借りた物件で孤独死が起きると

どうしてもリフォームお金がかかります

場合によっては物件の価値に影響するそうです。

そういった理由から

あまり審査通りにくい状況があるようです。


特に70歳を超えたら

かなりの確率審査落ちるそうです。

結局、テレビのおばあさんは

希望していた物件ではなく

ボロボロのアパート

身を寄せることになりました。

「まさか、こんな場所で人生を終えるなんて」

「こんなはずじゃなかったのにね」

そう呟きながら・・・

こんなはずじゃなかったのにね

パタンとドアが閉まったところで

番組は終わりました。



言葉が出ませんでした。


この何気なく見た番組が

セルオの価値観を

大きく変えました。

もともとセルオは賃貸派だった

先行きが不透明なこの現代

何があるかわかりません。🐝

転勤・収入・病気・為替に対して

柔軟に対応できる賃貸こそ最強😚

土地は現金より不便だし。

家やマンションを購入しても

資産価値はどんどん下がっていく。

30年も経てば価値なんて0になる。

そう考えていました。

・・・。

でも・・・ この発想って

自分たちが老いないこと前提なんです。


人はいつか老います。👴🏻

購入賃貸かどっちが損得よりも

大事なことがある気がしました。


70代弱い立場になった

自分たちの為できることをしよう。

考えが大きく変化しました。

購入に決めた理由

「こんなはずじゃなかったのにね」


おばあさんの言葉が頭に響きます。

あれはセルコかもしれない・・・

そう強く思いました。😖


セルオは体が強くありません

子供ができる気配もありません。

このままではセルコは一人になってしまう😖


老いたセルコが古いアパートで

一人寂しく生活することを考えると

涙が出てきました。😭


このままじゃダメだ!

子供は無理かもしれない。

でも、家ならなんとかなるはず。


家を買おう。

セルコ🐤が一生楽しく暮らせる

強くて丈夫な家を建てよう

セルオは決意しました。

次回へつづく。

応援よろしくです!🙇🏻‍
ああ・・・ 心配だ

タイトルとURLをコピーしました